jewelの ハンドメイドライフ let's try

手芸のお仕事をしています。日々の暮らしに織り交ぜて ハンドメイドの楽しさを伝えたい!

基本のき! 巾着袋を作ろう!(マチ、裏地無し)

春が近づいて来ました。入園入学準備品を作る季節ですね!!

早く取りかからなくては!!と焦ってる方も多いのではないでしょうか

入園入学準備品の中でも、自分で作って見ようかな?と思えるのが巾着袋ですね!!

 

子供用だけでは無く、大人も何かと使う機会もある巾着袋

裏地無しだと ますます簡単です!

コップ袋などのきんちゃく袋は ソーイングの基礎となり
これが縫えたら ここからバリエーションがグッと増えます。
是非縫ってみて欲しいです。

きんちゃく袋片側紐タイプ

 

裏地無し

裏地無しは簡単に作れますし、乾くのも早いので

コップ入れなどにおすすめです。

(縫い代が見えるので、ジグザグミシンをかけたりして縫い代の処理をする必要が有りますが、基本なので、まずは裏なしを作ってみましょう)

☆これは大きめ巾着袋を作った一例です

f:id:jewel_handmade:20190219014802j:plain

片側紐タイプ

①製図 (作りたい大きさに縫い代を付けた図を書く)
 縫い代*上のひもを通す3つ折りは3.5〜4cm、

    *サイドと下は1cm(ロックミシン)(ジグザグミシンの時は多めに1.5cm)

 

②布端のほつれ止め処理をする。(3種類方法が有ります)

☆ロックミシンを持っていればロックミシンをかる。(簡単綺麗)

☆ジグザグミシンをかける場合

(布端を縫うと、薄い生地は、布を巻き込みやすいので 布端より内側を縫う、そのため縫い代は多め)

☆サイドの縫い代1.5cm有れば2つ折り、3つ折りにも出来ます。縫い代を折ってジグザグミシンをかけたら見た目は美しいです!

 

f:id:jewel_handmade:20190219021946j:plain


 ③布は中表に(裏が見えるように)半分に折り、

 開き止まりまで、サイドと底を縫います。(赤い点線の所)

 開き止まりは布端から8cmにしました。

 

④縫い代をきちんと折り、表に返します

f:id:jewel_handmade:20190219014846j:plain

表に返しました

⑤紐通し口の縫い代を ステッチをかけて押さえます。
(赤い点線のように続けて縫います)

f:id:jewel_handmade:20190219014458j:plain
f:id:jewel_handmade:20190219014538j:plain
紐通し口にステッチをかける

少し縫いにくいですが ここをきちんと縫っておけば

縫い代がひらひらせず、しっかりきれいに仕上がります。

 

⑥上を3つ折りして縫います。(縫い代4cmにしたので2cm折って又2cmと折ります)紐を通す所が出来ました。

 

f:id:jewel_handmade:20190219014614j:plain
f:id:jewel_handmade:20190219014651j:plain

 

⑦ひもを通します

f:id:jewel_handmade:20190219014730j:plain

完成です!

裏地なしタイプ メリット

制作が簡単、洗濯後 乾きやすい♪ 予算低め

裏地無しタイプ デメリット

裏を覗くと縫い代が見えるので、ほつれ止めに縫い代始末をしなければいけない

 

裏地あり メリット

縫い代の始末不要、接着芯を貼った場合、裏が見えないので綺麗

 

裏地ありデメリット

(特に無し)裏地用の生地を買う必要が有るくらい(予算少し高め)

 

きんちゃく袋は子供のコップ入れだけではなく

大人でも細々した物の整理で巾着袋は使うことが多いと思います。

これが基礎となり、お弁当袋、裏地有り、

両側紐タイプなど、バリエーションも増やせます  

 

基本形なので是非作ってみてくださいね。

 

           jewel hand made